コラム
column

2019.08.12 / 加工商品

奇跡のハーモニー『ニラ生姜じゃこ天』初登場!

奇跡のハーモニー ニラ生姜じゃこ天 初登場!
**********************************************
男に惚れるアツい男のアツアツ友情物語
8月17日㈯・18日㈰ 春日水神市場 実演販売
**********************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃこ天の三好さんはアツアツ揚げたてのじゃこ天を食べて頂くために全国の店を巡る。
とはいえ、実演販売の機材が大型で重量物のため、移動のための準備が大変すぎて限られた信頼関係のある店舗だけに限定しているという。

「本当はもっと色々行きたいんですけど・・・。」

取引先から実演販売の需要は大きいものの、答えることが出来ていないのが実情である。

そんな中、最も遠方の実演先は、「わかめアニキ」のホームグラウンド、たまも本社。

何を隠そう。わかめアニキは創業間もない三好さんを支え、応援してきた三好のじゃこ天ファンの一人だ。

三好さんもそんな義理と人情、友情に答えるべく、1000km離れた千葉県舟橋市に年に数回、アニキの要請で宇和島から車に機材を積んで出向いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「三好さん、大変でしょう。1000キロですよ?」
「アニキにはお世話になっているし。行くと勉強になるんで大変より楽しいんですよ。」

惚れて通えば千里も一里。
完全にアニキに惚れてるやーん♡

さらに、三好さん、わかめアニキが、ほぼ一年中車で移動して実演販売していることを心の底から尊敬している。

「アニキはほんと凄いですよ!見習わないと。」と三好さん。
どんだけ惚れとんやー♡

「いやいや、やってることが全然違うじゃないですかっ! 三好さんの場合は仕込みから重量機材の運搬、設営から片付けまで、準備だけで大変でしょ。それから、自分で作って販売して、ヘトヘトじゃないですか。 かたや、アニキはカラダ一つでやってますからっ!」
「まあ、そうなんですけどね。へへっ。そういえばアニキは手ぶらでしたね。へへへっ。」
知っとんかーい。

 

 

 

 

 

 

 

そんなアツくてお茶目な三好さん、朝四時出発、片道250km車を走らせ、皆様にアツアツじゃこ天を食べて頂くために、そのアツい姿を見て頂くために、春日水神市場にて、じゃこ天実演販売やります!売り切れ必至。

奥様、その日ばかりは、ご主人がアツアツじゃこ天をあてに、オーガニックなビールを真っ昼間からキューと流し込む御無体な姿を許してやっておくれやす。

ささやかな、おっさんの夏の思い出になること必至。
おっさん思い出、安上がりっ。

今回、奇跡のハーモニー、ニラ生姜じゃこ天!が初登場いたします。
「おっさんの至福のムフフ夏の泡。」

宇和島は豊富にとれる新鮮な魚をつかうじゃこ天の町。
そこで生まれ育った三好さんの話。
そして、わかめアニキこと坂詰さんの話。

↓春日水神市場コラムにて、是非一緒にご覧ください。

宇和島練り物工房みよしの『じゃこ天』

わかめアニキのブレない情熱。その源とは。

 

コラム一覧ページに戻る