コラム
column

2019.01.16 / 農作物

自然栽培・自家採種の『シルクスイート』

Web佐藤、ポカポカ陽気の成人の日に、
徳島県へ行ってきました!

市場に入荷する
市原農園さんのさつまいも「シルクスイート」

 

 

 

 

 

初めてみたとき、その白い姿に釘付けでした。

灰をかぶったような・・・。
​おしろいをまぶしたような・・・。

白いのです。

なんでなん?
(もちろんそれは、土ってことは分かっていて…)

どんな土壌で育っているのだろうと。

​そのさつまいもが
美味しいかどうかということより、
実は、一番興味深々な部分でした。

なので。

田んぼに入って、真っ先に触れたものは、土。

​​

 

 

 

 

 

農薬、化学肥料はもちろん、
植物性・動物性肥料をも使わない『自然栽培』。

限りなく自然に近い栽培で育てる野菜は、
年間約30種類ほど。
​​
この日見せてもらったこの大根が
すべてを物語っているようでした。
​​

 

 

 

 

 

土の力。
水の恵み。
太陽の光。

大自然の恵み。

そんな土で育つさつまいも「シルクスイート」。

​昨年、ある日の収穫では、
一株に12本もくっついてポコポコ!

 

 

 

 

 

 

 

 

これがまた、最高に嬉しかったそうです。

さつまいもは、半日、日向干しにしてから
新調の冷蔵庫で保存されます。

 

 

 

 

 

 

 

約1ヶ月の熟成で、甘く濃厚になるのだとか。

まさに、今が食べ頃!

 

 

 

 

 

~市原農園 市原秀一さんの想い~

​​食卓に1品でも、
自然栽培(農法)の野菜たちを並べてほしい。

その野菜を食べることによって、身体を整え、
仕事や遊び、大きく人生においても
役に立てて欲しいと想うのです。

家族団欒のひとときに、
美味しいね!と、会話が弾んだり。

また、健康な土づくりは、
自分自身が良い想いを持っていることが大事。

作物は、人間が「つくる」ものではないと思っています。

つくっているのは、母なる大地であり、
私は、作物の成長をさまたげないよう
育つための「手助け」をしているにすぎないのです。

​*

「圃場を案内したいのですが、
少し距離がありますけれど、
車じゃなくて、一緒に歩きませんか?」

と、市原さん。

風をうけ、太陽を浴び。
新鮮な空気に深呼吸。

 

 

 

 

 

菜の花も咲いています。

自然栽培で育てる野菜は、約30種ほど。

野菜が育っているこの地を感じてほしいという、
市原さんの心温まる計らいでした。

帰り際のこと。

​​あったかいお茶と焼き芋をお盆にのせて
「はいどうぞ。まぁまぁ遠いところからわざわざ。」と、
市原さんのお母様も、なんて優しいこと。

 

 

 

 

 

 

「自然栽培(農法)」が何たるものか、
ひとことでは言い表せないけれど。

「とても大切なことを大切にする」
そんな体験をさせていただきました。

​シルクスイート。
あっさりとした甘さを味わうには、
焼き芋がおすすめです♪

 

 

 

 

 

 

ただいま春日水神市場店頭にて販売しております!

コラム一覧ページに戻る