コラム
column

2018.06.24 / 加工商品

生でもイケるほどの抜群の鮮度感「みよしのじゃこ天」

宇和島名物 みよしの揚げたて『じゃこ天』が、

一日限りの限定催事にて!

7月5日(木)春日水神市場にやってきます!

 

☆宇和島でしか食べることのできない

揚げたての『じゃこ天』☆

 

****************************

■■限定500枚!実演販売のご案内■■

 

<宇和海・獲れたて新鮮“ほたるじゃこ”>

<化学調味料・添加物不使用>

 

職人三好さん手造りの揚げたて『野菜じゃこ天』

****************************

 

日時:7月5日(木)10時~

 

場所:春日水神市場 店舗内

 

実演販売数:500枚限定

なくなり次第イベント終了となります旨、

何卒ご了承くださいませ。

 

*三好さんのおすすめ『じゃこ天』

数種の商品についても、販売開始予定*

 

販売者:

宇和島練り物工房みよし

店主 三好良貴さん

 

本物の「みよしのじゃこ天」は、

愛媛県宇和島でしか食べることは出来ません。

 

なぜかというと。

 

「みよしのじゃこ天」は、

生でもイケるほどの抜群の鮮度感を

大切にしているからです。

 

浜にあがった“ほたるじゃこ”を

すぐさま店舗に持ち帰り、

魚頭と内蔵を素早く取り除き、

すり身を作ります。

 

職人技の手さばきで、約半日ほど。

 

そして、その場で揚げていくのです。

 

贅沢な醍醐味を味わうために、

原料は至ってシンプル。

 

①ほたるじゃこ

②でんぷん

③天日塩

④甘酒

 

“ほたるじゃこ”一つ一つの命を生かし、

すべてをまるごと味わっていただきたい。

 

そんな想いが詰まったじゃこ天は、

魚の旨味が凝縮された本物の逸品です。

 

今回は、獲れたての“ほたるじゃこ”を

当日早朝にさばき、すり身にします。

 

そのすり身を、

はるばる宇和島から高松まで

3時間半掛けて持ってきて。

 

お客さまのために、店舗で手押し成型。

目の前で揚げてくださります!

 

宇和島の店舗と、

ほぼ同じ状況(鮮度感)にて実演販売!

 

なので、イベントは一日限り、

数量限定の販売となってしまいます。

 

贅沢な“ほたるじゃこ”の命を

味わってみていただけませんか。

 

*“ほたるじゃこ”とは、

宇和海に生息するスズキ科の小さな魚。

地方名を“はらんぼ”と呼んでいます*

コラム一覧ページに戻る