コラム
column

2018.05.06 / 農作物

芸術家のつくる「フルーツトマト」

百の仕事を手に

地域と生きていく、

それが私の道。

 

東京の大学で美術を学び、

空間を表現するアート活動などをしていた

中村陽介さん。

 

5年程前のこと。

 

「いま、田舎がおもしろい」と想い、

活動の拠点を地元(高知県佐川町)に

移されました。

 

そこで、おいしいトマトに出会い

トマト農家になることを決意。

 

地元の生産者有志が立ち上げた

有機農業の研修を受けたのち、

高糖度トマトをつくり始めたのです。

 

*

 

産地となる高知県佐川町は、

高知県のまんなか辺り。

 

さんさんと降りそそぐ南国高知の太陽と、

昼夜の寒暖差が大きい佐川町の風土、

そして、仁淀川水系のキレイな水が

おいしいトマトを育てます。

 

中村さんは、毎日、天候や湿度に合わせて

水分をコントロールしながら丁寧に栽培。

 

ぎゅっと甘みと旨味をとじこめた濃厚なトマト。

 

芸術家のつくる『フルーツトマト』を、

是非、味わってみてください。

コラム一覧ページに戻る