コラム
column

2019.01.20 / 農作物

自然栽培・自家採種の『日本ほうれん草』

一枚の葉っぱを食べた瞬間、
その衝撃的な甘さに、!!!←こんな感じでした。

 

 

 

 

 

固定種・自家採種
「日本ほうれん草」を育てる
徳島県 鎌田さんの畑に行ってきました。

濃き緑色としっかりとした肉厚な葉っぱが地面に這い、
天に向かって手を広げるが如く、
日本ほうれん草は、キラキラと輝いていました。

 

 

 

 

 

寒さを凌いで
なるべく多くの太陽を浴びるための生育姿。

自然の神秘「生命力」を感じました。

ほうれん草の旬は、冬。
​厳しい寒さの中、生育の進歩は遅めです。

だからこその産物。

寒さから身を守るための手段によって、
​糖分も栄養分もしっかりと蓄えることができるのです。

 

 

 

 

 

固定種の​種は、
大きさがバラバラでトゲがあり、
播種機(種をまく機械)を使うことができません。

そのため、畑の端から端まで、
ひとつひとつ手撒きします。

 

 

 

 

 

病気に弱く。
発芽率も低く。
​収穫までに苦労の多い品種。

ですが、この「日本ほうれん草」に惚れ込んだ鎌田さん。

原動力は、その美味さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの人に知ってもらいたい、
食べて欲しいと湧き出る純水な気持ちに
突き動かされるのだそうです。

​冬霜が降りた頃より甘みも増し、
一段とおいしくなっています!
根っこの部分、猛烈に濃く甘いです!

ふたつめ。

✦固定種の「みやま小かぶ」

​​

 

 

 

 

野菜の芸術品とも呼ばれる
「金町系小かぶ」の最高品種。

​腰高の美しい姿に惚れました。

かぶを優しく包み込む
このしっとりとした粘土質なる土。
​​

 

 

 

 

 

鎌田さんの畑でその土に触れました。
ねっとりでもなくさらっさらでもなく。

 

 

 

 

 

多孔質で、たっぷりの空気と
ミネラルが含まれている土は、
自然栽培で野菜を育てる鎌田さんにとっては命で。
かけがえのないものであると感じました。

✦白菜:固定種の「野崎白菜二号」


​​

 

 

 

 

日本における早生白菜の代表的品種。
柔らかく、2~3束くらいを袋に詰めての出荷で、
少人数のご家族にはもってこいの
とても消費しやすい白菜だそうです。


✦リーフレタス


 

 

 

 

透き通るようなフレアな葉。

✦水菜:「千筋(せんすじ)みずな」



 

 

 

 

多くの葉が密集していることから、
千筋菜とも呼ばれる水菜。



 

 

 

 

茎がしっかりとしていて、色濃い葉。

これまた感動。


 

 

 

 




真冬のぽかぽか陽気。
キラキラと太陽の光を浴びながら、
鎌田さんの「日本ほうれん草」を田んぼの真ん中で食べる
なんとも贅沢な一日。​

急な訪問であったにも関わらず、
手厚く迎えてくださり、
ひとつひとつの農作物を眺めるその眼差しと
お人柄の良さに、なんだか涙がでそうでした。​

農薬は然り、肥料も使わない『自然栽培』という農法。
自然を尊びながら、自然に添うことは、
決して簡単なことではありません。

鎌田さんの畑は、
隅々まで自然栽培に掛ける情熱が行き届き、
とてもとても美しい場所でした。

Web佐藤

コラム一覧ページに戻る