お知らせ
news

2019.04.30 / イベント

新もの『天日干しちりめん』 5月3日入荷始まります!

徳島県小松島市 和田島町は昔からの漁師町。

東條さんは、子供の頃からじいちゃんの天日干しのちりめん作りをずっと見て、手伝ってきた。

朝、日の出とともに出港し、ちりめんの群れを探し行く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水揚げしてきたシラスを、荷上場から近くの加工場ですぐに釜ゆでし、
粗熱を取って天日干しをする。

気の抜けない作業の連続と、後は天にゆだねる天日干し。
太陽の光と自然の風にあてる効果は、科学的にも旨味成分は増す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの工程においても、シラスの鮮度はもちろんのこと、
柔らかい魚体を傷つけない工夫とノウハウが詰まっている。

こうして仕上がる天日干しちりめんは、白く美しい。

春、シラス漁が解禁し、じいちゃんがとってすぐに作った天日干しちりめんが入荷します!

入荷初日、東條さんご本人が来店し、『天日干しちりめん』直売いたします!
合わせて、この時期だけの「釜揚げしらす」もとれたて直販!

 5月2日 おじいちゃんが漁にでて水揚げ
 5月2日 釜揚げ
 5月3日 春日水神市場 計り売り
サイコーの鮮度でお持ちいたします。
※当日の漁が不良の場合、釜揚げしらすは入荷しません。

さらに、新もの<和田島産塩蔵わかめ>の量り売り!
わかめは最高の漁師のものだけを取り扱う。
特に今年のものは、香りが高く食感が持続する。

塩蔵わかめを選ぶ際は、裏面の塩分含有量が一つの購入の目安となる。
一般的には40%、それ以下は良心的、それ以上は塩で増量し、表面単価を安くしている。
ちなみに東條さんのわかめは、漁師の和田さんから直接し入れるので約25%と高品質でとっても良心的。

皆さまのお越しをお待ちしております!

お知らせ一覧ページに戻る