コラム
column

2020.01.26 / オリジナル商品

三度美味しい!フィナンシェ

水神のパンは、生地はもちろん、
クリームやあん、カレーなどのフィリングもすべて自家製で製造しています。
クリームパンのクリームも、業務用の液卵ではなく、
有精卵を一個一個割り、黄身と白身に分けて黄身だけを使います。

栄養たっぷり有精卵の白身も活かします。
白身が活躍するお菓子の一つフィナンシェも当店自慢のスイーツなのです。

さて、上質のフィナンシェに欠かせないのは、発酵バター。

よつ葉の北海道産発酵バターを贅沢に使い、
その風味を引き出すために、絶妙な焦がしバターにします。

パチパチとバターの音色が変わる様子を見守りながら。
目指すは、ヘーゼルナッツの皮の色。

てん菜糖、香りの良いアーモンドプードルも
たっぷりと混ぜ合わせたあとは、焼きの工程へ。
生地の温度によって、微妙な釜の温度調節をし、表面の焼き色を見極めていくのです。

焼き上がりに近づくと、バターとアーモンドの魅惑の香りが漂ってきます。

生地の中央が、ぷっくりと膨らんできたら完成。

一度目の美味しさは、焼きたて。
外はカリっと中はふんわり香ばしく、
口の中で上質なバターの香りが広がります。
これは、作り手だけの特別な味。

二度目の美味しさは、熟成。
3日ほど経過すると、生地が適度に水分を含むことで、
しっとりとなめらかな一体感が生まれます。

三度目の美味しさは、冷やしフィナンシェで。
熟成したフィナンシェを冷蔵庫で冷やすことで、
もっちりとした食感を楽しんでいただけます。

焼きたてが食べられるのは、月曜日の午後だけ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム一覧ページに戻る