コラム
column

2020.03.31 / 加工商品

今だけの旬をまるごと、そのまま。東北地方 三陸沖の「生わかめ・生めかぶ」

***************************************
東北地方 三陸沖の「生わかめ・生めかぶ」
今だけの旬をまるごと、そのまま。
4月1日(水)・2(木)限定数販売します!
***************************************

わかめと言って思い浮かぶものは、どのタイプ?
乾燥タイプ?
塩蔵タイプ?
わかめ兄貴?

わかめは、塩漬けなどの加工をすれば、
とても長く保存ができますよね。
なので、年中、どこのスーパーでも簡単に手に入るもの。
そんなわかめにも、旬の季節があります。

春。生わかめ・生めかぶの季節です。

意外なことに?
わかめは1年で枯れてしまう海藻なのです。
陸上の植物と同じように、胞子から成葉までの一生を
1年のサイクルで繰り返すというわけです。

暑さに弱いので、北の海で良く育ちます。
特に三陸のわかめは、何とも美味しいこと。

旬の生わかめは、水で戻すといった工程が要りません。
びっくりするほど瑞々しく、色も鮮やかな緑。

春の「生わかめ・生めかぶ」は、
いつも食べているものとひと味もふた味も違うのです。

腸内環境を改善し、免疫力を高めるには、
いろいろな食材とわかめを組み合わせて調理することがおすすめ。
料理好きの春日水神市場スタッフが、
ピックアップさせていただきます。

ぜひ旬の時期には毎日食卓に登場させて、
食卓を鮮やかな緑色で飾りましょう。

※今回は試食販売は自粛させていただきます。
 

 

 

コラム一覧ページに戻る