コラム
column

2023.01.22 / 加工商品

干物って驚くほどにシンプル*「干物(ひもの)」ある食卓

一切の添加物を使用せず。
新鮮な魚、塩、水、風のみでつくられた「ひもの」
静岡県沼津市 奥寅さんより入荷しました。

原料となる魚は、旬の時季に厳選。
船名、漁場海区、水揚港と素性の明らかなものを。

職人さんが一枚一枚丁寧に開き、
魚の洗浄は、“富士の伏流水“ととても贅沢です。

アルカリイオン水と沖縄産の自然塩だけの
塩水漬けにて味付けし、低温管理。

そして、再び“富士の伏流水“で洗浄ののち、
天日干しに近い環境にてじっくり乾燥。

すべての工程において、
化学塩や食品添加物を使用することなく、
職人の技でシンプルに仕上げていきます。

干物って、驚くほどにシンプル。
だからこそ、妥協できない。

じっくりと時間をかけ完全手作り、
旨味溢れる奥寅さんの「干物(ひもの)」。

今日は、グリルで「金目鯛」を焼いてみました。
ほんのりとした塩加減によって、
魚本来の美味さが引き出されています。
フライパンでも簡単に焼けますので、
ぜひ、お楽しみください。

*春日水神市場鮮魚コーナーにて販売中です。
長崎港に水揚げされる「真あじ」「かます」そして、宮城県産の「金目鯛」。
1/26(木)北海道産礼文島の「真ほっけ」も入荷予定です!

「ひもの」のある食卓。おすすめです。

コラム一覧ページに戻る